モチベーションハック!

エンジニア35歳限界説に挑戦する日記。

アラフォーエンジニアが現実を思い知らされた後に勇気づけられた話

先日、とあるキャリア相談会に参加した。

担当者に説明するために自分のキャリアが書かれたスキルシートを改めて眺めて見ると、ITエンジニアとしてのキャリアは10数年あるのに全てレガシーシステムのスキルで、年齢はアラフォー。自分でもため息が出るような経歴だった。

Webやアプリ系のエンジニアを得意としている担当者はそのスキルシートを見てどう進めていいか困り顔だった。

現状はこんなスキルしかないけど、スキルチェンジをしてWebやアプリ系に進みたい。そのためにUdemyを使ってswiftなど勉強しているという旨を伝えた。

「この経歴では個人で開発したアプリやgithubに公開されたソースコードでもない限り現状ではどこにも紹介できないですね。作品など作ったところでまた応募してみてください。」

という旨のことをやんわりと言われたwそりゃそうだわ、Web系/アプリ系の言語の経験がないアラフォーレガシーSEなんてどこにも行くところはないのだ。

 

でも、諦めない。

 

それが再確認できただけで今日は収穫があった。と言いつつも実際に言葉にされると結構つらいな笑エンジニア35歳限界説への挑戦はそんな簡単なものじゃないんだなーと思ってたところこんな記事に出会った。

44歳未経験でも事務スタッフからRailsエンジニアになれた「ポテパンキャンプインタビュー」 | 「ポテパンスタイル」

44歳未経験からWebエンジニア!?転職体験談を読むのが趣味と化しているけど40代エンジニアの転職成功談はほぼ見たことがなかった。

現在はスタートアップ企業の自社サービスサイトの管理画面の機能追加・修正(Rails)をやっています。

入社初日から開発に入りなんとかついていく事が出来ています。

思ったより重たいタスクがすぐにきたので難しかったのですが、周りの方のサポートがあったのでなんとかこなせることができています。

ポテパンキャンプでのレビューを受けていなければ「この書き方はわからなかった」という場面は多数ありました。

このあたりの話が妙にリアルだなと思った。プログラミング言語を学ぶのは独学でできると思ってたけど、経験のない言語だとどうしても最初の仕事をゲットするところに壁がある。

スクールなどに通わずに独学だけでと思ってたけど、転職支援付きスクールという選択肢を考えてみることにした。